<   2007年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 

01/08【考察どうしようかな?】

うーん・・・次の考察、どうしましょうか。
一応初心者にも分かり易くまとめてるつもりなんですが。
ってか今自分が取り上げてるのは【イオヒャド型】と言うんです。
その名前通り、イオとヒャドを中心に戦うPTです。
でも考察No1に書いたとおり、同属の対戦に強いです。

でも・・・最近事情が変わってきましてね。
イオヒャド型の天敵・・・AI2グリンガム型が登場。
まず、【こうどうはやい】のモンスがラリホーマ、やけつくいきを。
相手が行動不能になった所でエスターク等のAI2がグリンガムで全体攻撃。
メタル系がひかりのはどうで状態異常を回復しても、ターン1ターンを無駄に。
そしたらまだこうどうはやいのモンスがラリホーマ・・・っと。
無限に続くこの凶悪コンボ。メタル系がいるからと言って対策できません。
ちなみに昨日の1回戦目、1000位の【かいちょういいよ】チームがそれです。
実際自分は3回連続で負けました。相性の悪さが分かるでしょ?

今、速報チャットでこの事を頻繁に会議中です。
頑張ってますよ、まぐろさん、ミットランスさん、ちあさん、
ラッシーさん、紅連さん、めたん。さん達と。
意見をくれる方、チャットじゃなくても良いので非公開コメントでも公開コメントでも。
なんでも良いですから本当に意見下さい。まじで。
イオヒャド型は滅亡するしかないんですよ?(勝手にしろよ
でもAI2グリンガム型以外の型は完封されるかもなんです。
これは型の存続の戦争と言うものでありましょうか。(何

んまぁ、ここで戻しましょうか。
今日のGPはイオグランテ二発で勝てます。まじでです。
今日は初心者にも優しい設計ですね。5回戦以外は賢さ999のイオグランテ一発だし。
まぁ頑張って下さい。

自分と言えば・・・今ランキング140位になってました。
でも100位の壁は厚い・・・頑張らなければいけませんね。
[PR]

  by sinden | 2007-01-08 13:37 | DQMJ

01/07【いんやぁ・・・苦戦した!】

今日のGP・・・・・ギリギリでしたよ。
どうにか5連勝しましたが、1回戦目で3回連続負け。
その相手の戦法はこちらなんですよ?

サーベルきつね
主にラリホーマで眠らせてくる。
特性のせいで絶対先攻なので、デスタとか眠っちゃう

デスタムーア
こいつもラリホーマで眠らせてくる。
意味がわかんないんだけどマホトラとかも。

キラーマシン
こいつがかなり凶悪。
眠らせたところをAI2グリンガムコンボでビチバシ。
かなりのサディスティック度を発揮しています。

いやぁ・・・・・・初め見た時は「なんだこの雑魚メンツは」って。
自分、サーベルきつねは回復専門と見ていました。
でも全然違いました。まさか状態異常専門だなんて。
この人がなんで1000位?なのかが分からない。もっと伸びろ。
勉強になりましたよ・・・・・うへw
後苦戦したのは5回戦。相手はこんなの。

ゴールデンスライム
回復役な様ですね。ベホマズンとかザオリクとか。
あと意外にタフでうざい。しんどい。倒すの手間かかる。

りゅうじんおう
イオヒャド予備軍?だったかなぁ。気のせいか?

エスターク
これも凶悪・・・AI2グリンガム戦法ですよ。

なんかAI2グリンガムが流行りそうですね。
はやくbutyoさん…戦法公表して下さい!(爆)
[PR]

  by sinden | 2007-01-07 15:14 | 日常

01/07【No02…回復】

本日3度目の投稿だけど憎まないでね><(ぇ
今回は【回復】について考察したいと思いますが…厄介なんです。
多分「はぁ?ちょうかいふくSPで決まりだろ?」って人が大半でしょうね。
しかし…今回は、技のスペースの関係で悩む【いてつくはどう】と両立する方法を。
とりあえず、ちょうかいふくSPのメリット、デメリットを書いてみますか。

ちょうかいふくSPの長所
●単体回復、全体回復まで全部これでOK!
●まもりのきりが存在し、マダンテ等の防止にも!
●ひかりのはどうもあり、状態異常もばっちこーい!

ちょうかいふくSPの短所
●全員に1つ埋まるので、スペースを絶対取る。
●はっきり言って無きゃ駄目。どうしよう。

って事ですね。大きなデメリットは無いように見えますが・・・。
そう。どのモンスターにも回復は必要なんです。だからスペースを取る。
後は攻撃技でスペースをもう一個取っちゃいますし。困りますね。
それで・・・今回は【いじょうかいふくとゆうきのコラボ】を紹介します!
とりあえず、ちょうかいふくSP、いじょうかいふく、ゆうきを紹介。

ちょうかいふくSPのスキル
●007p…ベホマ
●015p…マホヤズン
●025p…まもりのきり
●035p…マジックバリア
●045p…ベホマラー
●060p…ザオリク
●080p…ひかりのはどう
●100p…ベホマズン

…はい赤字多いですよね。所要あるスキルが多いって事です。
ベホマ、ザオリク、ベホマズンと言う3大回復スキルを備えてるのがOK。
お次は、いじょうかいふく、ゆうきを連続で書きますね。

いじょうかいふくのスキル
●004p…ホイミ
●008p…キアリー
●014p…キアリク
●030p…ザオラル
●044p…アモールのあめ
●058p…ひかりのはどう
●080p…ザオリク
●100p…いてつくはどう

ゆうきのスキル
●005p…ライデイン
●010p…ベホマラー
●020p…リホイミ
●030p…ギガデイン
●045p…ギガスラッシュ
●060p…ベホマズン
●080p…ギガブレイク
●100p…デインガード+

・・・はい。勘が良い方はもうお気づきでしょうが・・・。
この二つは組み合わさる事で効果を発揮できるスキルなんですよ。
いじょうかいふくに無いベホマズンはゆうきが補い、
ちょうかいふくSPに無かったいてつくはどうを補っている。
ギガブレイクを中心に使うモンスターにのみ有効なコンボです。
しかも。ギガブレイクの属性、デインを防御してるのも良いですよね!

・・・そう。いてつくはどうを入れたいけど、スペースが無い!
そんな人には、ゆうき持ちのモンスターのちょうかいふくSPをいじょうかいふくに!
これだけで問題をズバッと解決だよ。byみのもんた
でも、やっぱり長所がある分、短所もありますよ。

ゆうき&いじょうかいふくの長所
●単体回復、全体回復まで全部これでOK!
●いてつくはどうも備えて、パワーアップを防げる!
●ギガブレイクの対策もでき、こっちがぶっ放せる!

ゆうき&いじょうかいふくの短所
●ゆうき持ちにしか付けられない・・・。
●まもりのきりが無いから、マダンテは素で受ける羽目に。
●なんかAIがホイミ使いやがる。うざい。(待て

短所が少しだけ大きいように見えますが、そうでもない。
元からマダンテを無効化してくれるモンスターもいますしね。
しかもまもりのきりはタイミングがつかみづらい。無念。
よーするに、こうできるんだぜ?

Aさん「ふふふ!バイキルトで攻撃だぁ!」
ズバッとみのもんたが現れ、ゴリスラに攻撃する!
Bさん「ちょ…回復だ!でも、バイキルトが消せない!どうしよう!」
───────しかし、その次の日。
Bさん「昨日の対策はバッチリなんだよコノヤロー」
Aさん「は?じゃあ負けたら逆立ちして故郷に帰れよ」
ゴリスラの いてつくはどう!
Aさん「ちょ…なんだとお!」
Bさん「バイキルトなんか無効化してやるぜ!」
Aさん「フン!どうせ回復は手薄になってるんだろ?ギガブレイク!」
もっさりの ギガブレイク! てきぜんたいにへいきん180のダメージ!
Bさん「はっはっは!痛くない!それ!ベホマズン!」
Aさん「なんでギガブレイクが…ちょ!」
ゴリスラの ギガブレイク! てきぜんたいにへいきん320のダメージ!
Aさん「バイバイキーン☆」

って事で、まとめ!

今回の考察のまとめ
●いてつくはどうのスペースが無い?ゆうき持ちにいじょうかいふくを!
●決してちょうかいふくSPが弱い訳じゃない!強いぞ!
●PTにいてつくはどうは絶対入れるべき?

って事でさようなら!バイバイキーン☆
[PR]

  by sinden | 2007-01-07 14:24

01/07【No01…イオ&ヒャド】

今回は【イオ&ヒャド】の考察をしてみたいと思います。
なんでグランスペルSPじゃないのか。それは主にこの理由です。

グランスペルの長所
●呪文最高峰が揃っており、戦術が多彩。
●相手のガードに合わせて幅広く戦える(と思う)。

グランスペルの短所
●ガードが無く、相手に押されやすい。
●技が多いので、今回馬鹿なAIを取り締まれない。
●最終的に戦術が一本化してしまう。

と言う訳です。これは少なくとも対戦に向きません。
それで、今回自分はGPで猛威を振るっている…二つの呪文の対策を。
それはみなさんお察しの通り【イオグランテとマヒャデドス】です。
自分もGPで幾度と無く苦しめられ、連続して出されると全滅します。
しかし、自分はこれを乗り越え(多分)ました。この方法で。
そう。タイトルの【イオ&ヒャド】の登場で御座います。
とりあえずイオ&ヒャド3の覚える技を見てみましょうかい。

イオ&ヒャド3のスキル
●007p…マヒャド
●014p…イオナズン
●026p…ばくれんざん
●038p…ブリザーラッシュ
●063p…マヒャデドス
●090p…イオグランテ
●095p…イオガード+
●100p…ヒャドガード+

この通り、メジャーなイオグランテ、マヒャデドスの耐性が付きます。
これはこーゆう事を示しています。下をご覧あれ。

Aさん「あはは!俺のイオグランテを食らいやがれ!」
もっさりの イオグランテ! てきぜんたいにへいきん300のダメージ!
Bさん「う…うわーん!そんなの卑怯だよぉ!」
───────しかし、その次の日。
Bさん「フン…今日は俺が勝つぜ!勝負だ!」
Aさん「昨日みたいにイオグランテをぶちまけてやるわ!」
もっさりの イオグランテ! てきぜんたいにへいきん150のダメージ!
Aさん「ちょ…なんだとお!」
Bさん「こっちはグランスペルじゃなくて、イオ&ヒャド3だぜ!」
Aさん「ちょ…そんな糞スキルに負けるか!マヒャデドス!」
もっさりの マヒャドデス! てきぜんたいにへいきん140のダメージ!
Bさん「それで終わりか?行け!ゴリスラ!イオグランテ!」
Aさん「ちょ…待て!こっちはガード付いてな…」
ゴリスラの イオグランテ! てきぜんたいにへいきん300のダメージ!
Aさん「いやん☆」

さて、醜いお話も終わった事だし、まとめてみます。

今回の考察のまとめ
●イオ&ヒャドはガードが付き、ダメージを半減できる。
●半減した事だし、こっちがガンガン使ってやれ!
●でも、相手も対策してるかもしれないし、物理技を忘れずに!

見てくださって有難う御座います。これで【イオ&ヒャド】の考察を終わりにします。
[PR]

  by sinden | 2007-01-07 13:39

01/07【初投稿】

てすとtestTESTテストテスポッポー

すいません。初投稿なんで張り切っちゃってます。
ってか2週間くらい前までやってたんですよ。ブログ。
クリスマスイブの日に閉鎖したけど、気分一新って事で。
名前も改めて、震伝と言う事にして見ますね。

自分は最近DQMJに凝ってるんですよ。
と言ってもストーリー日記とか書いてられないんです。
だって・・・もうとっくに全クリして・・・しまったんでw

と言う事で、未熟な自分ですが対戦考察でも書いて行こうかなって。
厨房の自分の意見ですんで、参考にするかしないかは貴方次第。
まぁ自分で考えた方が良いと思いますよ?

DQM初心者の方とかには米粒くらいの価値はあると思います。
まぁ、熟練者の方も見てやって下さい。この二流の思考を。
みんなで戦術を広げて行こうじゃありませんか!

まぁリアル日記も書きますけどね!
[PR]

  by sinden | 2007-01-07 12:56 | 日常

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE